走行会に参加して富士スピードウェイを走ったこともあります。レースに興味はありますが運転技術の向上のためです。仕事で車載機器を作っていた時はパーツを取り付けて実践。車の所有欲は年と共に消え去り今はシェアカーやレンタカーで十分です。