高校のブラバンでアルトサックスを手にしましたが成就することなく四半世紀が過ぎ、台北のジャズバーでいきなりセッションデビュー。中学からのジャズ好きが功を奏して仲間も集まり夜な夜な心の会話を酒の肴に酔奏楽を楽しみました。帰国してからも当時の仲間と集まってセッションするのが生きがいです。

WKW | 4K

WKW | 4K

始まってました。DVD持ってるけど駆け足で観ます。

コメントなし
MASAHIKO TOGASHI

Masahiko Togashi / Spiritual Nature

和ジャズの頂点。パーカッションの広がりが一昔前のハイエンドオーディオのデモを彷彿とさせる。 Personel:per, celesta – Masahiko Togashifl, ss, as – Sadao Watan […]

コメントなし
BUDDY RICH

The Buddy Rich Big Band / Mercy, Mercy

元気印のドラムがひっぱる、ドラムをひっぱたく、ビッグバンド。どーだー。 Mercy, Mercy, Mercy Preach and Teach Channel One Suite Big Mama Cass Goodb […]

コメントなし
ISAO SUZUKI

Isao Suzuki Quartet + 1 / Blue City

TBMを集めると必然的に鈴木勲のCDが貯まっていく。神成氏のガッツのあるベース・サウンドとリズミカルな鈴木勲の演奏がマリアージュ。 Body And Soul 45th Street At 8th Avenue Play […]

コメントなし
Earl Hines

The Earl Hines Trio / Here Comes Earl "Fatha" Hines

ディジー・ガレスピー曰く今のジャズ・ピアノ・スタイルはアール・ハインズが作ったのだそうだ。よくスイングするピアノ。 Save It, Pretty Mama Bye Bye Baby Smoke Rings Shoe S […]

コメントなし
BIEN WHO?

BIEN WHO? at King’s Bar

久しぶりの横浜ジャズプロムナード。応援してます。

コメントなし
GIL EVANS

Gil Evans And His Orchestra / Live At Fabrik Hamburg 1986

80年代のギル・エバンス・オーケストラは独特のサウンドがクセにになる。特にライブがいい。晩年のジミ・ヘンドリックスにインスパイヤされた演奏。衰えを感じさせない。 [CD 1] Stone Free Up From The […]

コメントなし
JOHN COLTRANE

John Coltrane Quartet / Crescent

神の域に到達したコルトレーンの比較的聞きやすい一品。ベストメンバーの演奏がMQAで目の前に蘇る。ついボリュームを上げてしまう。 Crescent Wise One Bessie's Blues Lonnie's Lame […]

コメントなし
Benny Carter

BENNY CARTER / LIVE AND WELL IN JAPAN!

この会場に高校生の自分がいます。たぶんチケットは何かの番組で当たったんだと思います。底抜けに明るいバンドのサウンド、噎び泣くベニーカーターのアルトが今でも耳に残ってます。 Squatty Roo Tribute to L […]

コメントなし
TEDDY EDWARDS

Teddy Edwards / Four Classic Albums

長時間効いても疲れないのはテディ・エドワーズから出てくるフレーズの安心感だと思う。アート・ペッパーがテナーに持ち替えたらこんな感じ? [CD 1] Blues in G Scrapple from the Apple W […]

コメントなし